偽装のウェアを手作りする(1)

洋裁がそれほど得意ではなくとも、針に糸において縫うことができ、ミシンもちょっぴり助かるのでしたら、乳児の衣服くらいは取ることが出来ますよ。
ハロウィンの日光に毎日だけはおるくらいであれば、しっかりとした縫製ができなくとも大丈夫です。
着ている最中に、ずっとほつれて来るようでは駄目ですが、普通に雑巾などが縫える程度のわざも取ることができます。
販売されている衣服も、とっても眩しいのですが、お金が繋がることや、人とかぶってしまうことも避けられません。
安上がりでかわいらしく、そして特長を表すには自作しかありません。
誠に簡単な衣服の製法をご紹介いたしましょう。
では、男児に一番人気のドラキュラに生まれ変われる「ドラキュラのマント」はいかがですか。
マントがあるだけで、グンとドラキュラに近づきます。
お嬢さんが極悪や女吸血鬼に仮装する場合にも、マントは必須ですよね。
ほんとに産地セレクトですが、ドラキュラっぽさを生みだすには、普通の木綿の産地よりも光沢があるサテンをおすすめいたします。
コントラスト勿論黒ですが、凝りたいかたは裏地をワインレッドなどにすると、二度と情景が出ます。
では製法のレヴューだ。
1、最初に産地の界隈(近所)がほつれて欠けるみたい、3つ折りくらいにしてミシンで縫います。
2、首見回りにひもやリボンによって自分にきるようにする結果、リボンを通す要素を作ります。
3、近所のうちの1辺の一部を、7~8cmくらいのところで、中表に折り曲げ、縫い易い事項にマチ針で固定行う。
4、折った一部から1cmぐらいインテリアをミシンで縫い、もう1個所、その部分から2cmぐらい上のところも縫いますって、そこがヒモ通しになります。
5、ヒモかリボンを通じて、乳児の首周りにあわせてリボン総括としてください。
エリにあたる部分は、立てておきます。
いかがですか。
何とも簡単にドラキュラのマントができましたが、ハロウィンで善悪使ってみて下さい。ミュゼ札幌琴似のWEB予約限定でオトクに美容脱毛